前へ
次へ

教育問題解決に向けたスクールロイヤー制度とは

文部科学省が、スクールロイヤーの導入に向けて検討を始めたことが話題になりました。
スクールロイヤーというのは、学校で起こる問題に対して法的な対応をし、予防や解決に向けて働く弁護士のことです。
この制度の導入にいち早く踏み切ったのは富山市で、問題解決を積極的に進めるため同制度の導入を全国で初めて決めました。
具体的には市内の公立幼稚園や小中学校へ通う子どもや保護者、地域住民などから相談を受けた際、園長や校長が弁護士に助言を求め、早期解決を目指します。
教育問題において法の専門家である弁護士が介入することは、現場で悩む教員の負担軽減にもつながるでしょう。
子どもを取り巻く教育問題は非常に複雑化していて、これまで以上にコンプライアンス意識を持つ必要があることは事実です。
ただ、そのすべてを教員に求めることには大きな課題があります。
スクールロイヤーの役割は、教育や福祉の観点を踏まえつつ、学校へ法的立場から助言や指導を行うことです。
もちろん目的は子どもの最善の利益ですが、保護者のいきすぎたクレームへの対応も挙げられます。
トラブルの未然防止こそが導入の目的ですから、幼稚園や学校が本来の教育に時間をかけられることが期待されます。

Page Top