前へ
次へ

教育問題は、国の国益に繋がる社会の問題

日本の教育方針は、道徳を重んじ、人を傷つけない精神に価値を置き、和を重んじる教育に価値を置いています。
この教育を受けた日本人に対して、外国人の中には高い評価をされている話も存在します。
ただし、この教育方針に反対する考え方もあり、教育問題として取り上げられる場合もあるのです。
人を傷つけない精神は、相手を言葉で打ち負かすディベートに弱く、周りと同調しやすくなり、自己表現が表現しにくい環境も増えるでしょう。
これを教育問題として取り上げられ、教育改革の中にディベートを取り入れる考えもあります。
しかしながら、精神的に打ち負けるのに慣れていない子供にとっては、精神的な大きな負担を受けてしまうかもしれません。
教育問題は社会問題に繋がる場合もあり、国と国との争い事など打ち勝つ人材が不足してしまう可能性があるでしょう。
ディベートに慣れていない状況は、新たな考えや価値など見出しにくく、経済力も他国に劣ってしまうかもしれません。
教育者の思想としては、教育者自身が争い事を好まない傾向も高く、教育者が抱く教育への価値観も教育問題として存在しています。

Page Top