前へ
次へ

教育問題としてゆとり教育と詰め込み教育

日本での教育問題として、いろいろな考え方があります。
詰め込み教育やゆとり教育などがあり、それぞれ特徴の違いなどがあるためチェックしてみましょう。
詰め込み教育では、基本的な知識を覚えることができ知識量を増やすことに関してはメリットがあります。
ゆとり教育では、本人の自主性などを重視する教育となるため、感受性豊かになるケースや自分で考えて行動を取るなど比較的柔軟性のある教育の仕方になります。
このように、それぞれ特徴の違いなどがありますが、子供の教育に関してどのような育て方をしていくことが大切か、考えていくことは重要です。
どちらか一方に偏りすぎてしまうというのも、問題がある点からバランスよく知識量を増やすことや柔軟な思考で考えて行動することができるように教育をしていくということも理想の形の一つといえます。
教育問題として考えるならば、学校教育だけでなく家庭でも親も子供に対して、いろいろと教えることも大切です。

Page Top